【登山】2歳と4歳の立山テント泊 DAY1

2019-07-28

割引キャンペーン

立山室堂駅に到着し、チケットを購入する時のことだ。

石川県民富山県民は1割引になるそうだ。

ああ、ありがたい。4000円を超える交通費なのに4000円以下で利用できて嬉しい。

立山駅から美女平ケーブルカー

こういうところで気をつけなければならないのは、重量のあるザックを乗せたり降ろしたりするときに、焦って腰とか肘などを痛めないようにすること。

立山室堂駅

室堂駅では、必ずこの山岳情報のボードを見ること。

雨か。

ミクリガ池

まず最初の観光スポットだが、天気が悪い。

休憩するときザックは高い位置に

テーブルの上にザックを置くのは本当はダメだよね。わかっている。でも、重すぎて一度下に置いたらもう背負えないんだ。ほんと、許してほしい。

テント場

カラフルなテントで賑わっています。

雷鳥沢野営場到着

ザックは80リットル入る。これ以上大きなザックはなかなかないと思う。

雨の中のテント設営

雨っていやだな。この時期はタープを使っているけど、これ以上重量を増やせないのでタープはない。テントは僕しか設営できないので、雨の中どこかで待ってもらうことに。

ただ、雨の時に、僕が貸したザックをそこらへんにベロンと捨てるように置くのはやめよう。水を含んでザックが重くなるし、背負う時に背中や肩が濡れて不快になるよ。山では後のことを考えて行動するようにしましょう。

余裕がないのはわかっているけど、雨に濡れにくいような置き方を工夫してね。

テント設営完了

テント設営が終わり、帽子やタオルなど干した。テントの中で調理。今日は、スパゲッティーニに青の洞窟レトルト。

キャリーザサンという太陽パネルで充電できるライトで、こどもたちはテント泊を楽しんでいた。

さあ就寝だ。

親子はスヤスヤ眠っている、羨ましい。

僕は、隣のテントのおじさんがとてつもない大きないびきをかいていて寝られなかった。

何がすごいって、イビキが地面に響き渡っているからだ。オペラ歌手ばりの振動だった。

コテっと深く眠りたいものだ。。。

DAY2へ続く。

コメント