【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第112回 展示会に向けての話し合い

2023-12-14 19:30-21:00

本日の講座内容

皆さんの、課題を並べて見比べました。上手に撮れています。

では、展示会用の内容に入りましょう

https://www.hakubaphoto.jp/products/detail/0101150139-4H-2Q-00

フォトフレームは、今回 「ハクバ ZEROフレーム G-01 A3のブラックに統一することにしました。写真を趣味としている人は、必ず一つくらいは持っているフォトフレームなのではないでしょうか?

ZEROフレーム G-01 A3サイズ ブラック - 写真産業
軽くて割れないZEROフレーム。前面板はガラスを使っていないので従来の額縁より軽くて割れる心配もないので安心です。

写真が映えるし、アクリルの透明度も高いので講師も愛用しています。

Amazon.co.jp

このA3のフォトフレームは結構大きいので、パネルは6人で3枚借りようということになりました。今までは2枚でしたが、いよいよ3枚借りることになり嬉しいです。

お抹茶飲みながら、楽しく話し合い

「水のある風景」というテーマが決まっているのですが、その方向性をどうしようか?と悩みました。

生活感がある、「生活用水」のようなものなのか。雄大な「大自然」なのか。淡水も海水も関係ないか、溜池とかはどうか?(神社の手水社くらいの規模だとどうか)

いろいろなことを話し合いました。

雄大までは行かない、広めのネイチャーを意識した「水のある風景」となりました。淡水海水については、湖は昔海だったから塩水の湖なども世界には存在するから、海でもO.K.ということになっています。それに、例えば琵琶湖のような巨大な湖だったら海のように波があるしね。

写真の方向性が決まると、みんな安心したようでした。

今日は、2023年最後の講座なので、アドベントカレンダーの中のお菓子をつまみながらお抹茶を楽しみました。

過去にお茶を習っていた受講生も、懐かしいと言いながらお茶を点てていました。

本年もお世話になりました。良いお年を!

次回は、1月18日(木)作品 A3にしてご持参ください

・フォトフレーム6人分

・各自、展示用写真A3を持ってくる

・キャプション(タイトル、写真データ、コメント)は事前にLINEでお知らせください。間に合わない人は、当日でも可能

・フォトフレームに写真を入れる作業など

【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第111回 焦点距離と被写界深度

コメント