メスティン トマトとツナのスパゲッチーニ

みなさんこんにちは。最近、すっかりヒッキーの僕です。

今回の楽しい火遊びは、家にあった缶詰とかを利用してメスティンで調理します。

アウトドアで調理するには良いかなあ?

用意するもの

・イワタニプリムス ハイパワーガス(高所や低温を想定)

・イワタニプリムス エクスプレス・スパイダーストーブII、マッチ

・トランギア メスティンラージTR210

・スパゲッチーニ(マカロニとか)

・冷凍ブロッコリー

・トマト缶

・ツナ缶

・コンソメ1個

このスパイダーストーブの良いところは、五徳の位置が低いというところです。

ストーブのほとんどが、ガス缶の上にねじ込む為、その上に鍋とか調理器具を乗せますよね。すると、風に負けてしまい風を遮断するための道具が必要となってきます。また、風が強いと倒れやすく安定しにくいこともあります。まあ、ちゃんとガス管の下に安定させるパーツもセットになっているんだけどさ。

ところが、これは見ての通り低い位置で調理ができるんです。まさに高所にうってつけ。登山では、いつもこればかり使ってしまう。

さっそく作ろう!

①メスティンにトマト缶の中身を入れます

缶詰は、開ける前に外側を洗うのがオススメです。蓋に埃や汚れがついていることがあるので、外側をきれいに洗いましょう。

②トマトを入れたら火をつけよう

ああ、そうだこのガスストーブ着火装置がないので、マッチ、ライター着火マン、メタルマッチなど着火するものが必要です。

③トマトが熱くなったら、コンソメを溶かそう

暖かくなったトマトを混ぜよう。ストーブが一点集中なのでど真ん中がグツグツいっている。

コンソメを、トマトで溶かそう。

④スパゲッチーニを投入

んで、溶かしたコンソメも入れて。

ええと、みなさんはパスタパスタってよく口にしていると思うんですけど、パスタの中にスパゲッティとかマカロニとかがあるんでね。で、スパゲッチーニですけど、スパゲッティより細いものをスパゲッチーニっていうんですよね。商品パッケージにもちゃんと書いてあります。スパゲッティより細いから、火が通りやすいので、スパゲッチーニを使います。買う機会があったら、今度よく見てね。

⑤はみ出てるけど、どうすんの?

あ、これ、大丈夫。細いから、すぐやわらかくなるんで、入れちゃいましょう。メスティンラージなら半分に折る必要ないの。

⑥煮込む
⑦ブロッコリー投入

ブロッコリーは、事前に解凍しちゃった。山でも、もし持って行くなら保冷バッグの中でじっくり自然解凍させて使うと良いかも。山で生野菜とか生のフルーツとか食べられるのは幸せなことよ。野菜不足になりやすいから。

⑧じゃあ、混ぜて食べようか
⑨ツナ缶どうした?

ツナは、このまま載せて使おう。

トマトソースをかけて。

⑩できあがり!

盛り付けて食べましょう。

食べよう!

シンプルな味わいだ。

#うちで過ごそう#StayHome

コメント