【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

2021-08-26 19:30-21:00

今日は1名欠席です。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

アルコールで手指消毒&検温

ドアノブ周辺や電気スイッチなどはアルコール消毒を行なっています。検温後も体温計やボールペンををアルコールで除去しています。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

使用するテーブルや椅子は、各自でアルコール消毒をしていただいています。

今日は、糸くずが机の上にあって(それはいつも)、「先生、針が落ちていました」と受講生の方が針を3本も発見されて、ビックリしました。。。危ないです。針を使う教室だったのでしょうねえ。

針を落としたらダメでしょう。

今日のテーマ

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

前回、課題として撮影してきてもらった夜空とか星空の写真にクリヤーケースを入れて、油性マジックで星と星を線で結んで、星座線を書きこんでいきます。

大きくズレていなければO.K.

星座線に決まりはありませんので、大体自由ですが、調子に乗ってズレちゃうと区画をはみ出す恐れがあるため、定番の星座線を引いてもらいます。

今回使用する副教材

天体観測ノート

https://www.study-style.com/jiyuu/data/astro_note.pdf

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

今日は、Kenkoの家庭用プラネタリウム(ステラリウム)と、お気に入りの『ハーシェルオブジェクト』です。大きくて見やすいんだよね。『ポケットスカイアトラス』はコンパクトで紙が丈夫。『フィールド版星図』は索引が探し難くて使いにくいので気に入ってない。。。オススメではない。

Kenko プラネタリウム NEWスターミュージアム
Kenko プラネタリウム NEWスターミュージアム 光学レンズ投影式 ACアダプター付属 ホワイト NSM-03AD WH
【仕様】 投影方法:光学式 レンズ:光学レンズ 光源:1W ホワイトLED 星のスピード:5段階スピード時計回り/反時計回り 表示天体の設定:日付、時間 投影範囲:2.7mの距離の時 1.8x2.2m 観測地点:北緯35°/南緯35° 自動電源オフ機能:30分/60分/120分 電源:ACアダプターもしくは単3形乾電池...
The Cambridge Atlas of Herschel Objects
The Cambridge Atlas of Herschel Objects
This superb, all-purpose star atlas is the first of its kind devoted to observing the Herschel objects with binoculars and telescopes. It displays over 2500 of ...
Sky & Telescope’s Pocket Sky Atlas
Sky & Telescope's Pocket Sky Atlas
Sky & Telescope's Pocket Sky Atlas

で、これがノーマルでいいと思う。

The Cambridge Star Atlas
This classic star atlas is ideal for both beginning astronomers and more experienced observers worldwide. The clear, full-color maps show stars, clusters and ga...
私は使ってないけど、安いのはこれ。でも、バイエル符号がない。けど、初心者にはわかりやすいかな。
野外星図: 星座がわかる星空の地図 ([バラエティ])
新版・野外星図2000は、10枚の星図から構成されています。 実際に星空を眺める際、星座早見だけでは、おおよその星座の位置しかわかりません。 そんなときに野外星図があると、星ぼしを繋いで星座を見つけることが、比較的簡単にできます。 また、1等星や、2等星、あるいは星雲や星団など、双眼鏡や天体望遠鏡を使って天体観測をする...

写真から、星を探すのって難しいと思う?

受講生に聞いてみると、「雲があると星座がよくわからなくなる」「星座の見つけ方そのものがわからない」「北極星をまず最初に見つけて、いろいろ星を辿れるけど、北極星が見つけられない場合には、ざっくりと方角しかわからないので、非常に難しい」

確かにそうですね。普段、星を見ない人にとっては、星空の下で星座を見つける事は難しいことなんです。が、慣れてくると見つけられるようになりますよ。

じゃあ、早速写真に線を引いていこう

写真をケースに入れて、油性マジックで線を引きます。

星座早見版を使いながら、手掛かりになる星と照らし合わせて

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」
第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」
第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」
第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

まあ、こんな風にわかりやすいものから見つけて、線を引いていきます。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

ひとつわかれば、じゃあ、これは「○○座かな」という感じでうまく見つけられる場合もあるのですが、わかりにくい写真もあります。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

定規を使って、角度や距離を測っています。細かい星を調べるには、やはり星図が必須ですね。ただ、それなりに値段がするので強制はしませんが、もう少しちゃんと知りたいと思う方はぜひ一冊お買い求めください。

The Cambridge Star Atlas
This classic star atlas is ideal for both beginning astronomers and more experienced observers worldwide. The clear, full-color maps show stars, clusters and ga...

休憩は、目とか脳とかいろんなところを休めるためのもの

休憩時間でも一生懸命星と星を線で結ぶ受講生たち。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

頑張っていますね。答えをあっさり教えてあげるのは簡単なんですが、自分で見つけると記憶に残りやすいので「この写真の中の、コレは○○座のどこの部分」というヒントを与えて指導をしています。

どうしても難しい場合や、ちょっと間違っている場合には、一緒にやります。皆さん「目が疲れたー」と大変そうでした。

星座を探すことができました★

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

ご自身で撮影した写真に写る星が、どういう星座なのか、色々と発見することができましたね。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

星座のサイズ感がよくわかんなくて難しいと言った感想もありました。

そうなんです、写真ではそこが大事なところだからね。次回はそれについて触れます。

ちょっと投影

細かい字を見て疲れたので、ステラリウム投影をしました。今日は、NASHICAも使いました。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」
ナシカ 本格家庭用プラネタリウム ASTROTHEATER ホワイト NA-300 WHITE
NA-300はご家庭で気軽に、本格的な天体パノラマを楽しんで頂くために、見やすさ、使いやすさを追求した小型のプラネタリウムです。 機能性にこだわり、鮮明な画像を実現するために、6枚の投影レンズと3枚の集光レンズを搭載、そして3W 高輝度白色LEDで投影します。 付属の投影フィルム3枚は北半球の星空を投影する、60,00...

目が疲れた後に、首が疲れますね。(笑)

星座絵と星座線、星座名が書かれているので「これなら分かる!」と受講生から好評でした。

黄道十二星座について

今日のステラリウムは、黄道十二星座についてお話しをしました。

黄道というのは、太陽の通り道のことで、お誕生日星座はその太陽の通り道にあることになっているので(今、歳差運動で黄道十二宮はちょっとズレてきてるんだけど、星座はそのままだから気にしないで。)

誕生日に自分の星座を見ることができないのは、太陽の位置にあなたの星座があるからですね。

これから秋の星座がどんどん見やすくなってくるので、積極的に見て欲しいなと思います。

受講生からの質問

「スバルって、星座じゃないんですか?」

スバルは、星座ではありません。おうし座の中にある散開星団です。メシエカタログ45で、「M45」「プレデス星団」(プレデス古書だとプレイアデス)。

第56回 星空を撮ってみようpart5「星空の写真から星座を探そう!」

際立って目立っていた散開星団「スバル」

日本の中古本で手に入る書物の中に、スバルに関する記述がたくさん残されています。

和名では時代によって「須波流」とか「統」とか文字を当てられ「須麻流(すまる)」「一升星」「六連星」と呼ばれていてさらに地方では方言「すまろう」「ムリカブシ」や、「羽子板星」「苞星(ツトボシ)」等で呼ばれていた。古代インドでは、「クリッティカ」と呼ばれ、中国では「旄頭」「胡星」。イタリアは「ラ・ケッタ」(テニスラケットとかのラケットだね。)、フィンランドは「篩」(ふるい)、フランスは「蚊よけ網」(ハエ叩きみたいなもの?)などいろいろな呼び方があったけれど、ざっくり言えば、和名の原意は今は全く失われていて、呼び名は「昴スバル」で落ち着いた。

※参考文献『星の民俗学』野尻抱影 著

※参考文献『星空のロマンス』野尻抱影 著

星のことに詳しくなくても、「青っぽい綺麗な星の塊がある!」って誰でもわかるもんね。

私の兄夫婦も新婚旅行先のフィンランドで「ツブツブ星団」を見たと騒いでいた。それを聞いて妹は吹き出しそうになった。寒空の中、青く光る星はさぞかし綺麗だったことだろう。

世界中で、どの民族もきれいだと思っていたに違いないと思うけど、フランスの蚊よけ網というのが気になる。ハエ叩きのようなものなのか?キラキラした手鏡とかに例えられなかったのだろうか?

よくある間違い

星座・・・カシオペ

JR ・・・寝台特急カシオペ

というわけで、まだ終わっていないので、次回もこの続きをやります。

次回は、9月9日(木)

第57回 星空を撮ってみようpart6「星図を使って焦点距離の感覚を体得しよう!」

持ち物 (8月26日の講座で持ってきたものと同じ。定規を追加)

・星空の写真(過去にご自身が撮影したもの) 。無い場合は、受講生から借りましょう。

・写真サイズに合ったクリヤーケース

・油性マジック

・定規

・ハサミ

・筆記用具

・星座早見盤

・天体観測ノート(閲覧用・書き込み用)

持ち物は、今日と同じです。

【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第57回 星空を撮ってみようpart6 「星図を使って焦点距離の感覚を体得しよう!」
【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第55回 星空を撮ってみようpart4「ペルセウス座流星群または夜空の写真」※課題発表アリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました