Nordisk Ydun Tech Mini ノルディスク ユドゥン テックミニ レビュー(これを読めば設営できる)

Nordisk Ydun Tech Mini

Nordisk Ydun Tech Mini

ノルディスクのコットンテントといえば、アルフェイム、アスガルド、ユドゥンなどのコットンテントが有名です。物価が高いのか、高額すぎてキャンパーの憧れ的なテントになりつつありますね。

Nordisk Ydun Tech Mini
ノルディスク | アウトドア用品公式オンラインストア
北欧発の歴史あるアウトドア用品ブランド「ノルディスク」。シンプルで機能的な最先端機能素材で作られている人気のテント商品を中心に品質あるタープ、シュラフ、マット、バッグなどの最新キャンプアイテムが多数ラインナップ!グランピングやBBQ、釣り、登山などのアウトドアシーンに活躍するおすすめアイテムをチェックしてみてください。

今日は、ポリコットンテントの紹介です。買ってから、コロナがどうとかで、丸々1年半くらい放置してた。。。ので、今回やっと設営ができます。今年はガンガンキャンプをしたい。

Nordisk Ydun Tech Mini カラーパックと本体

Nordisk Ydun Tech Mini カラーパック(左) ユドゥン本体(右)

テックミニシリーズは、YdunとAsgardが同時発売されていて、本体と、カラーパック(テントポールやペグ、ガイロープ一式)を購入しなければなりません。

全部で三色 マスタードをチョイス

チェリー、マスタード、チョコレート、三色どれもかわいくって迷ってしまいます。チェリーは特に可愛くて目立つし、チョコレートはシックな感じで大人っぽいです。マスタードも、いいなあと色々迷って、マスタードにしました。

Nordisk Ydun Tech Mini カラーパック マスタード

色は好みなので、本当にどれでも良いと思います。購入するときに、アスガルド用とユドゥン用と間違えないようにしましょう。

たまに、間違えて購入したので、とネットサイトで出品している方がいます。

カラーパックの中身

Nordisk Ydun Tech Mini カラーパック

左が、ケースになります。全部を収納できるケースです。その右となりがポールケース。真ん中が、ポール、全部で4本。一番右は収納袋とSkewer(串の意味)ペグ14本です。右上は、ガーランド。中身を広げてみます。

Nordisk Ydun Tech Mini カラーパックの中身 ガーランド、カラビナ、ガイロープ(スライダー付き)

単なるガーランドのように思うかもしれませんが、ガーランド裏側にはメッシュポケットがついていてガイロープを収納できます。左上のビニールはベアドロッププラーです。

Nordisk Ydun Tech Mini ガーランドのメッシュポケット ガイロープ

ガーランドにはガイロープ、ガーランドカラビナがついています。NORDISK Alumi Triangular Slider アルミ トライアングル型スライダーもすでについているので、テントにすぐ取り付けて使うことができます。

Nordisk Ydun Tech Mini ノルディスクベアドロッププラー 25個

こちらは、ファスナーなどに付け替える付属品です。シェラカップにつけて目印にしたり、ペグにつけたりしても可愛いかも。

袋からちょっと出してみた

Nordisk Ydun Tech Mini
Nordisk Ydun Tech Mini

収納バッグには、カッチャン二つとシロクマコードストッパーがついているので、それらをリリース。

Nordisk Ydun Tech Mini

蓋がついている。

Nordisk Ydun Tech Mini

ぺろん

Nordisk Ydun Tech Mini

中身を出した。グレーだね。これね、地面の部分なのよ。ここの部分は、厚手のコットンじゃないんだ。だから、軽量化できたんだ。

Nordisk Ydun Tech Mini

左右に広げてみよう。

Nordisk Ydun Tech Mini

これ以上広げると、しまえなくなりそうだから、一旦しまうね。(弱虫)

ペットボトルとサイズ比較

Nordisk Ydun Tech Mini
Nordisk Ydun Tech Mini

コットンテントにしては、小さくてコンパクトです。が、使った後にこのサイズにしまうのは多分難しいと思うんだ。

設営手順

①まずはフットプリント(グランドシート)を敷きます

地面がペラッペラです。普通のナイロンシートのようにペラペラなので、グランドシートを敷く必要があります。グランドシート(グランドシート)は純正品もありますが、ブルーシートでも良いと思う。

https://item.rakuten.co.jp/m-outdoor/nor148070/

自分は、純正のフットプリント(グランドシート)は買っていません。だって、前室のことを想定しているせいか六角形なんです。どうして、、、。雨が降ったらどうなるの。とか思うんだけど。

②テント本体を広げます

Nordisk Ydun Tech Mini

今回は、芝生なのでフットプリント(グランドシート)は使用していません。えへ。

③インナーポールを組み立てて差し込みます

黒いキャップがついているのが下です。

Nordisk Ydun Tech Mini

全部で4本。ユドゥンは、入り口が2箇所で吹き抜けになっているので、イメージはA型のフレームを中に組み立てる感じです。A型といっても、左右独立しているためポールが4本なんですが。

Nordisk Ydun Tech Mini

テントの内側にある、このカラビナを探してください。

Nordisk Ydun Tech Mini

左右にポールを入れる部分があるので、ポールを差し込みます。

Nordisk Ydun Tech Mini

差し込んだら、自分のテントの中に入って、下の角にポールを置きます。

Nordisk Ydun Tech Mini

ポールを固定します。カッチャン!

④テント本体の下のペグを打ちします(全部で6箇所)

Nordisk Ydun Tech Mini

テントの一番下にD環がついているので、そこにペグを指しましょう。まずは6箇所です。

今回は、試し張りなのでペグを一番下まで刺さないことにします。長時間滞在するときは、ちゃんとペグを差し込んでね。

⑤ガイロープにテンションをかけるためのペグ打ちをします(全部で8箇所)

Nordisk Ydun Tech Mini

いろんなところにノルディスクという文字がプリントされてて嬉しい。

Nordisk Ydun Tech Mini

ガイロープとテントは、付属のカラビナでカッチャンできるから楽チン!

Nordisk Ydun Tech Mini

ペグを手でさしてから

Nordisk Ydun Tech Mini

足で踏み込んでペグを刺します。芝生だから簡単にできるんですが、場所によってはハンマーがないときついところもあります。

⑥テントの屋根の内側にテンションをかける

Nordisk Ydun Tech Mini

これも、付属しているんだけど。ガイロープで外側からテンションをかけるんだけど、内側からは、これでテンションをかける。

Nordisk Ydun Tech Mini

インナーポールの付近にあったら、シルバーのカラビナ。これに、引っ掛けます。テントを綺麗な形にするためのものだろう。

⑦せっかくだからノルディスクベアドロッププラーを付け替えよう

Nordisk Ydun Tech Mini

わざわざ、付け替える必要がありますか?いや、ないよ。太めのしっかりした紐だから、付け替える必要なんかないね。

Nordisk Ydun Tech Mini

でも、せっかくだから、変えてみよう。

Nordisk Ydun Tech Mini

やっぱり、可愛いのだ。というわけで、インナー側だけこれに付け替えることにしました。

あっという間に可愛いテントの設営終わり

Nordisk Ydun Tech Mini

ガイロープが命

このテント、ガイロープでテンションをかけることによって、完成度の高いコットンテントになります。お家の屋根っぽい感じも、ガイロープがなければ、残念ながらシナシナの悲しいお家みたいになるんです。それが、非自立テントの特徴ですね。

コットン系のテントにしては、ペグが全部で14箇所、その内ガイロープは8本、そんなに難しくもなく大変でもないよね。簡単だと思う。

アルフェイムやアスガルドとは手順が違う

ノルディスクのコットンテントのほとんどが、テント本体を広げてペグ打ちから始まることが多いんですが、Nordisk Ydun Tech Miniは、ペグ打ちの前に、4本のインナーポールを差し込んでおいた方が良いです。というのは、ペグを打ち込んでしまうと、先にテンションがかかってしまうため、差し込みにくくなります。

Nordisk Ydun Tech Miniは、ペグ打ちは最後、と覚えておいてください。

Nordisk Ydun Tech Miniは、どんなテントかな?

①出入り口は前後にあって、風が吹き抜ける涼しいテント

Nordisk Ydun Tech Mini
Nordisk Ydun Tech Mini

メッシュ、入り口を束ねれば、より開放的なテントに。

②ホワイト系のテントだから室内も明るい

Nordisk Ydun Tech Mini

優しい色の光があたって、癒されます。

③前室は、気持ち程度の面積

Nordisk Ydun Tech Mini

靴と、ゴミ箱くらいは置けるかな。

実は、この入り口ね、広さを変えられます。ちょっと写真ではわかりにくいのですが、広くしたり狭くしたりできるんです。天気悪いときは狭くするっていうことだと思うんだけど。今回は割愛。

Nordisk Ydun Tech Mini

入り口を、クローズして見たんだけど。ちょっと、スカスカしているんだよね。肌寒い夏にも使えるかもしれないね。アルフェイムやアスガルドは、ベンチレーションが少なくて夏以外に使えるテントと言われているけど、Nordisk Ydun Tech Miniは、高所のキャンプ場や寒冷地の夏なら、ギリギリ使えそうな気がする。

④出入り口のガイロープが極めて邪魔

うーん。出入り口にガイロープがあるっていうのは、邪魔だな。これ、入り口側はガイロープ外すかポール立てて延長しようかなと考えているの。タープとの連結でもいいし。

Nordisk Ydun Tech Miniは、最高高が125cmという微妙な高さなんです。子どもとかホビットならちょうどいいかもしれないけど。やっぱ、低いんだ。まあ、だから、可愛いんだろうけど。

⑤メッシュの窓が2つ、ベンチレーション窓は4つ、そしてメッシュポケットも4つ

Nordisk Ydun Tech Mini

入り口のベンチレーションは、三角で、上部に2箇所あります。入り口は2つあるから全部で4箇所あります。

Nordisk Ydun Tech Mini

メッシュの窓は、ファスナーで開閉します。窓は全部で2箇所。窓の左側にはメッシュポケットがついている。メッシュポケットは、すみっこに4箇所あります。

Nordisk Ydun Tech Mini

外側からのぞいたテントの中。スケスケですね。でも、窓があるテントって良いと思うんだ。

はじめてのポリコットンテントにはちょうど良い!

Nordisk Ydun Tech Mini

ポリコットンって、重たいというイメージがあります。昔の人が使っていた幕っていうイメージでもあります。そして、火に強いというイメージですね。

重いというだけで、持ち運びに難色を示す人もいるし自分もコットンテントはちょっとなあ。と思っていました。管理もしっかりしないとカビとか生えてしまうから。

でも、コットンテント良いですよ。そして、買ってよかったと思います。

組み立ててみると、やっぱり、可愛いし、おままごとのような気分になります。

ただ、やっぱりちょっと狭いね!(笑)

アルフェイムは広くて解放感が半端ないんで、それに比べたら、なんだか小さくて、低い生活になってしまいます。オートキャンプなんだから、もっと天井高くしてほしいなって思うんだけど。。。でも、かわいいから許す。

あと、ソロテントに比べても、大げさじゃない感じが良いなと思う。

Nordisk Ydun Tech Mini

控えめなコットンテント、2人寝られるとは思うけど、ソロで使うのがいいかもね。

このテントの良いところは、長方形だということです。だから、グランドシートとか、絨毯とかも揃えやすいと思います。

150cm×200cmのグランドシートは売っているので、代用品を揃えやすいというところに利点があると思います。

今度は、小さなテーブルとか用意してキャンプしようと思うんだけど。メッシュだからまだ寒いかなあ。。。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました