Esbitクックセットでご飯を炊いてみた

さてさて、今日の室内火遊びは、前回買ったエスビットクックセットを使った炊飯です。前回はインスタントラーメンを作ったよ。

わたしは、日頃フライパン並みにメスティンを常用しているのですが、メスティンは無垢アルミなんです。だから、ご飯を美味しく炊けるんですが、ひっつくんですよね。

こんかいのエスビットクックセットは、アルマイト加工されていてご飯引っ付かないのよ。

新製品!! エスビット Esbit 1100ml クックセット :3467:Weather Report - 通販 - Yahoo!ショッピング
アルマイト加工されたアルミ製クックセット。1100ml のポットに固形燃料ストーブの五徳がセットされています。ポットは袋麺を割らずにゆでられ、バックパックに収納する際も無駄なスペースができにくい角形を採用しています。目盛り(300/500/700ml)付きで、蓋はポットの縁に引っ掛けらるので蓋の置き場所に困りません。防...

メスティンにもノンスティックという加工されたものは売っているよ。現在はヤフオクで高値で取引されているね。わざわざ買わないですけど。。。

今回は、コシアブラという山菜の炊き込みご飯を作ってみます。

エスビットクックセットでご飯を炊く方法

①お米1合を給水(30minから60min)

実際に炊いてみた感想ですが、給水は45min以上した方が良いかもしれません。若干芯が残っている部分がありました。

②お米1合に200mlのお水をいれましょう
③塩茹でした山菜を並べましょう

山菜の塩茹では、大きさによると思いますが、小さいので60secほどです。ハカマを取って、塩茹でしてみると、毛虫がいたり小さな虫がいるものです。

綺麗に処理をしましょう。

ちょっと余談ですが、このエスビットクックセットの蓋に注目。

蓋の内側に、このような金具がついてるんですよ。アウトドアではありがちな、蓋どこに置こう、どこに置こうってうろたえることありませんか?

わたしは、ありますよ、たまに。テントの前室でお湯沸かしたはいいけど、蓋どこおく?的なこと。あるんです。でも、これすごい便利です。鍋に引っ掛けられるんだから。めっちゃいいですよ。

さ、蓋を閉めて。

④固形燃料に火をつけて、12分ほど待つ

固形燃料は、ミリタリーの個包装されているタイプのものを使用しています。アウトドアでは固形燃料はすぐにしけってしまうので小包装されているものがオススメです。

コストは1つ120円〜160円程度ですね。

固形燃料ミリタリー12タブレット

固形燃料ミリタリーと同じ燃焼時間が約12分の14gのタブレットが12タブレット入っています。通常のミリタリーと違い1タブレットづつブリスターパックされているので乾燥した状態で保管ができます。

http://iizukaco.co.jp/product/solidfuelmilitary12tablets/
Esbit 固形燃料ミリタリー12タブレット :2824:Weather Report - 通販 - Yahoo!ショッピング
固形燃料ミリタリー12タブレット本体価格¥1,300+税品番: ES00101200エスビット固形燃料の特徴●爆発性無し●燃焼時液体化無し●スパーク無し●高カロリー7,000 Kcal/kgs●燃え残り灰殆ど無し●目に見える煙無し●1箱(14gx12タブレット入り)●燃焼時間:1タブレット約12分●ドイツ製固形燃料ミリ...

ストップウォッチで時間を計測しましょう。火がついている時間は12分です。

⑤火が消えたらさらに10分待ってご飯を蒸らす

火が消えてから待つこと12分。火をつけてからストップウォッチを使えば、ほったらかしにしてもどのくらい蒸らしたのかわかります。

ただ、固形燃料の良いところは時間など図らなくてもちゃんと消えるというところですね。

⑥蓋を開けてみよう

おおおお、コシアブラ独特の香りに包まれたご飯ができた。

拙者、コシアブラは天ぷらでしか食べたことがないのでござる。コシアブラの天ぷらも素揚げも美味しいよ。でも、コシアブラの炊き込みご飯がこんなに美味しいとは知らなかった。

給水時間が少し足りなかったようである。少しご飯に芯があったと思う。または、蒸らし時間ももう少し長めにしても良いかもしれぬ。

部屋の温度は18度、とうぜん無風なのでうまくいったが、気温の低い高所などではどうだろうか。固形燃料の不安はそこにあるんですよね。今度実験してみよう。

本当にノンスティックか?

おお!なんと優秀な。焦げ付いてませんね。それに、ご飯がねっとりしないので、洗いやすいです!!

メスティンに比べると値段が高いような気がしている人もいると思いますが、メスティン・ノンスティックアルマイト加工バージョンよりもずっとお得なんでっせ?

だって、固形燃料を置くゴトクがついているし、鍋の蓋の裏に引っかける部分がついてるし、なによりもハンドルのロックがしっかりしているからひっくり返すようなシーンでもストレスなく使えます。

メスティンは、ハンドルロックがなくシンプルな構造なため、蓋がベッコンベッコンに凹んだり変形しやすい。エスビットクックセットは、変形しにくそうな形状と、ある程度の丈夫さがある、これは実際に触ってみるとわかるのだが。

エスビットクックセット、メスティンの良さはそれぞれあります。それぞれね。

初心者の人とか慣れてない人には、こういうクックセットが良いと思う。クックセットよりも、いろいろカスタマイズしたりアレンジしたいという人もいるとは思う。でも、本来カスタマイズするのは、使いにくいから、売っていないからカスタマイズしているんだよね。つまりカスタマイズはこうだったらいいのになぁの具現化なのである。

エスビットクックセットは、過去のアウトドア用品の中でも、「こうだったらいいのにな」をいろいろ取り入れられた知恵が詰まっていると思う。

防災用品としても、キャンプ用品としても、優れたアウトドアグッズと言えると思います。

課題は、寒い時の固形燃料の問題。今度は、熱源を別のものに変えるか室内じゃないところでの環境などを調べたいですね。

炊飯は、なんなくクリアです。

それではまた!

#うちで過ごそう#StayHome

コメント