【多肉植物】海辺で出会った多肉植物

みなさん、こんにちは。

今日は、海辺に自生している多肉植物をたまたま見つけたので紹介します。

石川県志賀町

出会った場所は、志賀町の海です。

左側の岩壁の隙間に、植物が生えていました。

ハマボッス

撮影日:2020-01-26 撮影地:石川県大島の海辺

ハマボッス学名Lysimachia mauritiana)はサクラソウ科オカトラノオ属越年草日本北海道沖縄県中国東南アジアインド太平洋諸島といった広範囲に分布。海岸に生育する海浜植物。漢字では「浜払子」と綴り、花の咲く様子が払子に似ていることに由来する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%B9

タイトゴメ

撮影日:2020-01-26 撮影地:石川県大島の海辺

Wikiには掲載されていないようですが、多肉植物としては特に珍しいわけでもなく誰でも知っている多肉植物のようです。肉厚な緑のバラみたいで可愛いですよね。サイズは、1センチほどでした。

アイスプラント(仏:フィコイド・クラシアル)

撮影日:2020-01-26 撮影地:石川県大島の海辺

アイスプラント学名:Mesembryanthemum crystallinum)はハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物。名前の由来は表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることから。ヨーロッパ西アジアアフリカ原産。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88

食べられるプチプチ食感の植物

これ、食べたことあります。

西武鉄道 52席の至福 ブランチコースにでてきたアイスプラント

西武鉄道のお食事に出てきた、肉厚な植物。コレだったんです。

ただ、葉の形が若干違うんで、品種とか細かいところは違うものなんだろうなとは思います。

植物って、育つ場所で若干違う形になったり環境で変化したりしていくものなので。

アイスプラントは結構値段もするようですね。スーパーにはたまにありますね。

植物には全て名前がある

雑草という草はないとよく言いますね。そんなわけで、図鑑を片手に探してもなかなか見つけられない植物がありますね。多肉植物の場合は、海外からのものが多いのか野草図鑑には載っていません。そんなこと当たり前だと思うかもしれませんが、本によっては載っていかもしれません。

他にも、石川県内ではホワイトロード内の親谷の湯をみにいく途中で、「ツメレンゲ」というトゲトゲしているけどプニプニした感じのかわいい多肉植物が生えています。

皆さんも、自生している多肉植物を見つけてみては?

ちょっと顔がほころびます。

では。

コメント