【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第78回 LOMO’INSTANT#4 課題発表 “my favourite things”

2022-07-28 19:30-21:00

今日は、作品発表の日です。

まだ使い慣れていないインスタントカメラによる初の作品発表です。

  1. LOMO’INSTANT 作品発表 テーマ “my favourite things”
      1. title: 一瞬でなくなる桃のスイーツ / Eri C.
          1. 講評:室内の弱く柔らかい光がカンバスに描かれた絵画のような質感になっていて素敵です。スプーンやフォークを多重露光で桃のスイーツに重ねてあるところが粋なテーブルフォトですね。
      2. title: twin devils / Kenji T.
          1. 講評:一瞬多重露光と判断できないくらい上手に撮影できています。本当に双子のヨウムがいるのかと思った。露出のところを見ると、レンズの半分側を上手く遮光して露出を抑えたんじゃないかなと思ったけどその辺のところはあえて質問しませんでした。この完成度の高い一枚を狙って確実に撮っているところが素晴らしい。ペットとはいえ、生き物であるヨウムもおやつでうまくコントロールして成功した。ヨウムさんも大変よくがんばりました。技巧派なロモグラファーと言えると思う。
      3. title: 季節はずれのハロウィン(2枚組) / Mamiko M.
          1. 講評:クローズアップレンズを使って強調させた被写体と、全体を撮って見る側に探してもらう楽しめる写真との組写真ですね。欲を言えば、もしこの2枚にまた違ったストーリーを思わせるフォトが撮れれいれば殊更素晴らしかったな、とも思うのですが、まずはお化けの葉っぱ(お気に入り)を見つけたことが素晴らしい。葉と枝の隙間から覗く青空の色が綺麗でお化けだけど爽やかで良いですね。
      4. title: 限りなく透明に近い / Naohide T.
          1. 講評:やりたかったこと、すごく伝わっています。長年使われてきたリターナブル瓶には味わいがあります。コーク瓶は年代によってデザインやロゴのプリントが違うためコレクターも多いですよね。アメリカ特有のソーダガラスのコーク瓶は緑と水色の間のような、完全にクリアじゃないまさにそんなようなブルーなのであります。照明の色なのか、フラッシュの色なのか、レトロな感じとピンスポな光がいい感じに引き立てているんじゃないかな?と思います。私には伝わっています。
  2. 作品発表、お疲れ様でした
  3. おめでとうございます!
  4. 次回は、「夏の写真について」座学を行います。

LOMO’INSTANT 作品発表 テーマ “my favourite things”

title: 一瞬でなくなる桃のスイーツ / Eri C.

3回多重露光しました。

「フルーツパーラーむらはた」でいただいたのですが、すっごく美味しかったです。

写真は、イメージ通りに撮影できました。

「一瞬でなくなる桃のスイーツ」 / ©︎Eri C.
講評:室内の弱く柔らかい光がカンバスに描かれた絵画のような質感になっていて素敵です。スプーンやフォークを多重露光で桃のスイーツに重ねてあるところが粋なテーブルフォトですね。

title: twin devils / Kenji T.

我が家の愛鳥ヨウムを撮影しました。

1枚目では露出を確かめるために一枚つかい、この構図を捉えるのに5枚目で成功しました。

定点撮影での二重露光を行ったため、止まり木が完全に一本の状態でヨウムの分身を撮影しました。おやつで釣って、ヨウムを移動させました。

twin devils / ©︎Kenji T.
講評:一瞬多重露光と判断できないくらい上手に撮影できています。本当に双子のヨウムがいるのかと思った。露出のところを見ると、レンズの半分側を上手く遮光して露出を抑えたんじゃないかなと思ったけどその辺のところはあえて質問しませんでした。この完成度の高い一枚を狙って確実に撮っているところが素晴らしい。ペットとはいえ、生き物であるヨウムもおやつでうまくコントロールして成功した。ヨウムさんも大変よくがんばりました。技巧派なロモグラファーと言えると思う。

title: 季節はずれのハロウィン(2枚組) / Mamiko M.

被写体を探していたら、ハロウィンのお化けのような虫食いの葉っぱが可愛いなと思って撮ってみました。

季節はずれのハロウィン / ©︎Mamiko M.
講評:クローズアップレンズを使って強調させた被写体と、全体を撮って見る側に探してもらう楽しめる写真との組写真ですね。欲を言えば、もしこの2枚にまた違ったストーリーを思わせるフォトが撮れれいれば殊更素晴らしかったな、とも思うのですが、まずはお化けの葉っぱ(お気に入り)を見つけたことが素晴らしい。葉と枝の隙間から覗く青空の色が綺麗でお化けだけど爽やかで良いですね。

title: 限りなく透明に近い / Naohide T.

年代物のコカコーラの瓶の色を生かして撮りたかった。

限りなく透明に近い / ©︎Naohide T.
講評:やりたかったこと、すごく伝わっています。長年使われてきたリターナブル瓶には味わいがあります。コーク瓶は年代によってデザインやロゴのプリントが違うためコレクターも多いですよね。アメリカ特有のソーダガラスのコーク瓶は緑と水色の間のような、完全にクリアじゃないまさにそんなようなブルーなのであります。照明の色なのか、フラッシュの色なのか、レトロな感じとピンスポな光がいい感じに引き立てているんじゃないかな?と思います。私には伝わっています。

作品発表、お疲れ様でした

これだけたくさん撮った中から、気に入った一枚を厳選して、タイトルをつけて。。。その工程も、楽しいですね。

おめでとうございます!

一応、良かったと思う作品に投票してもらったところKenji T.さんの”twin devils”が圧巻の一位になりました。

今回は、ご褒美がなかったのでYさんからの北海道のお土産を多めにプレゼントしました。

また、使い切ったフィルムのカートリッジケースは、こんなふうにフォトフレームにも使うことができるので、捨てずに活用してみてください。

次回は、「夏の写真について」座学を行います。

夏の写真って、なんだろうと考えていく感じの内容です。

すぐ来週ですね。

また、来月ですがLOMO’INSTANTによる課題を出してもらうのでその心算でお願いします。

【思いが伝わる!見せたくなる写真教室】第77回 LOMO’INSTANT#3 多重露光(MX)とアタッチメントレンズの使い方

コメント

タイトルとURLをコピーしました