【石川県渓流釣り】天然のイワナを狙う。いざ倉谷へpart5 2018-05-26

こんにちは、初心者アングラーです。

ついに天然のイワナを二匹釣ったし、大塚さんはそのあと別の池を探したけれど当たったのにバラしちゃったんだそうで。

 

ベースキャンプに戻ります。

いくときは藪の中を通ったけど、帰りはほとんど川を下りるような感じになり、カメラやスマホは防水リュックの中にしまいました。

川を下っていると、なんと、ネズミが泳いでいましたよ。

泳いでいたというか、川の流れに逆らってすごい速さで登っていくのですが、激流のところで流されたのか30秒後には私達より先に下流へ行っちゃった。

ねずみの写真はないけれど。

 

とても、良い釣り場だった。というか、秘境すぎて誰もこないんだね。石川県の渓流は熱い!北海道より渓流人口が少ない。だって石川県は海ででかい魚釣れるんだもんね。

ベースキャンプに戻ると新蔵さんが、イワナの串焼きの準備のために竹串を作っていた。

昼を過ぎていたので、大塚さんがラーメンを作ってくれた。

わたしもラーメンを作ってもらいました。

大塚さんは、いつもラーメンを作ってくれる。ありがとう。

 

お、クマ打ち名人朝田さんが戻られました。釣果はどうだったのかな。

全然ダメだったと行っていた。別の沢に入ればよかったとか言ってた。

朝田さん手作りの煮付け?炊いたもの?なんかわかんないけど、これもすごく美味しい。これもかたは?わかんない。

朝田さんは釣ったらすぐ内臓を捨てて、雪をさがしてこうやって持って帰ってくるんだってさ。今夜は串焼きパーティをして過ごすそうだ。

私もその予定でしたが、次の日仕事だったので日帰りせねばならなくなりました。残念。

 

気分だけ味わってみた。

 

part6へ続く

コメント