【2019北海道釣りの旅】 vol.34 利尻島地元漁師さんのタコ串

さっきの場所、あまり釣れなかったんでカレーを食べ終わってから、また、ホッケがよく釣れる場所に移動しました。

ホッケがよく釣れる釣り場

どんどん釣って行きます。

ペシ岬
ホッケ
クロガシラカレイ

やった!!クロガシラカレイ!サイズ更新した。

あぶらこ、ついに50cmオーバー
クロガシラカレイ

そこそこのサイズだと思う。煮付ける!!

1時間以上ほったらかしたんで、そろそろ捌かないと。

あぶらこについているアニサキス
アニサキス

アニーとご対面。アニサキスはヒルのような寄生虫で、ちょっと傷をつけただけで死ぬし弱い生き物。

でも、釣りたてのブリの刺身を食べてアニーにやられた人とか、転げまわるほどの痛さらしいから、刺身を食べる時の基本は、よく噛むこと。よく噛んでください。

よく噛めば、アニーは死ぬ。単純だ。

でも、よく噛まないで興奮して飲み込むようにブリを食べるから内視鏡やる羽目になるわけです。よく見ると、透けて見えますよ。それが嫌な人は、なめろうにしたり、たたきにすることをお勧めします。

夕食を調理していると、初日にあった漁師さんがいました。

「こんばんば!」

「タコ串食うか?」

「タコ串?食べたいです!」

「食いたいの?じゃ、待ってて」

タコ串とガスコンロを持って来てくれました。

私が想像していたタコ串と違ってた。

タコの足が、串に刺さってんだと思っていたけど、これは、皮を丁寧に剥で輪切りにしてるんだ!

このような手の込んだタコを食べるのは初めてでした。

塩胡椒も味が効いてて、とっても美味しかったです。

漁師さん、ごちそうさまでした!!!

カジカは、私は釣ってないけど、カジカの鍋です。身がトロトロで美味しい。

わたしも、釣って見たいなカジカ。

コメント