【プロ愛用】 カメラレンズの拭き方と道具(一眼、ミラーレス対応)

みなさんこんにちは。今回はカメラレンズの清掃方法を紹介します。

用意するもの エタノールとシルボン紙

・無水エタノール
・清掃ペーパー(シルボン紙)ティッシュは厳禁!

プロが愛用する清掃キットはこれ

・Nikon清掃キットプロ2(一式揃っているので、こちらがおすすめ)

Nikon清掃キットプロ2の中身一部

レンズの清掃手順

その1 ハケでカメラやレンズの周りの大雑把なゴミを払う。(レンズキャップはつけたまま)

その2 ホコリをエアブロアーで吹き飛ばす。(レンズキャップを外す)

その3 大きなホコリがある程度取れたら、清掃棒にシルボン紙を巻きつける。

その4 ハンドラップに無水エタノールを入れて、巻きつけたシルボン紙に少し染み込ませる。

その5 レンズの中心から、「の」の字を書くように、ゆっくり回す。一周3秒くらいかけて、力を入れすぎない。

その6 海水や油などで激しく汚れている場合、その5を数回繰り返す。

これだけです。

写真で見るレンズ清掃の流れ

清掃する時は、レンズ面に対して45度から60度くらいを目安にしましょう。

ホコリいっぱいのスカイライトフィルター
パワーブロアーでホコリを飛ばそう

エタノールの量は、10mlほど。

とにかく、一周まわるのに3秒くらいかけて拭いてください。

「の」の字を書くように、ゆっくり。

清掃する時は、棒はガラス面に対して45度から60度くらいにしましょう。

ライトを当てると、ホコリが見つけやすいです。

まだ見えるホコリは、内側のホコリ。外側のは綺麗に取れました。

レンズ内のホコリは、ジャンクのレンズじゃない限り自分で分解するのはやめましょう。

メーカーに出してオーバーホールをしてもらうと良いです。ホコリならいいのですが、カビが生えている場合もあります。わたしは温泉などの撮影の後防湿庫で管理をしていますが、人にぶつかられてレンズを落としてしまいやむなくオーバーホルを出した時に「レンズ内のカビ除去しておきました」って書面に書かれていました。。。酷使している人は素直にメーカーのオーバーホールをお勧めします。(高いレンズなら)

レンズが5000円で買えるようなズームキットについてきたようなレンズだと、レンズを買い換えた方が安いですよ。

シルボン紙の巻き方

巻いた先端を、指で触らない。

この先端で清掃するので、巻く時もできるだけ触らないようにしてください。

Nikon清掃キットプロ2に付属している DVDには、もっと細かいことが収録されています。必見です。

シルボン紙の再利用は厳禁!

シルボン紙は、こんなに薄いです。光学機器清掃に適した紙ですが、一度使った紙は二度と使わないこと。

高級な光学機器を、一枚1円とか2円のシルボン紙をケチって傷つけるのは間違っています。再利用は絶対ダメ。

世の中には、シルボン紙をティッシュだと思い込む不思議な方がいます。ティッシュで光学機器を絶対に拭かないでください。

カメラの状態によりますが、レンズフィルターおもて、レンズフィルターうら、カメラレンズ、カメラレンズリア側、ファインダーなどを清掃すると、このくらいのシルボン紙を使います。

大切な光学機器を綺麗にしてくれるシルボン紙はケチらず、毎回常に新しいものを使いましょう。

カメラだけじゃない、光学機器が清掃できる!

カメラレンズだけでなく、双眼鏡や天体望遠鏡などにも応用できます。

ただ、天体望遠鏡の種類や商品によってはコーティングしてある繊細なものもあります。メーカーの指示に従って、または詳しく問い合わせてから清掃することが大切です。

シルボン紙ではなく無水エタノールと水を 1:1にしてシャネルのオーガニックコットンなどでそーっと拭くという方もいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました