【2021】利尻島釣り紀行 vol.18 DAY4 ペシ岬展望台からの眺め

2021-06-09 16:00

温泉に入ってから、ペシ岬に登ります。普通は、逆じゃないの?と、思うかもしれませんが日差しが傾いてから登る方が、涼しいので。

港に車を止めて、歩いて登ります。自分の時計の標高を0にして、ひたすら登ります。

どんどん登って行こう

ここで、半分弱くらいかな。

ここからはルートが二つあり、短くてきつめな方とペシ岬側から登るルートとあります。自分は、きつめのルートで登って、下山はペリ岬側のルートを使う予定です。

傾斜のキツい方の下山は危ない

ほとんどの山に言えることですが、下山というのは下を見て降りますよね。でも、登りと違って足場が遠いです。そのため、ストックは下山時に15センチほど伸ばして使います。登りに比べて足場から距離があるためです。

下山は、緩やかなコースがおすすめです。お子さんは、両方とも緩やかなコースが良いかなと思います。

ただ、ここは登山というよりもハイキング的な距離なので神経質になることはないかなとは思いますが、結構なガレ場に草ボーボーみたいな感じで平らな足場ではありませんので油断禁物です。

ペシ岬展望台

気圧計は90mとなっていたが、実際は93mほどらしい。

自分の気圧計は古いので、5m単位での刻みになるので5m程度の誤差は目を瞑ろう。

ペシ岬展望台
ペシ岬展望台 右側の雲の上にあるのが礼文島

ペシ岬展望台からの景色 利尻山と鴛泊港

ペシ岬の方へ下山

ペシ岬灯台
利尻山とエゾカンゾウ

エゾカンゾウは、有名な山菜ですが利尻島は国立公園なので植物の採取などは禁止です。でも、全道、結構どこにでも生えています。

看板の文字を読んでいるのか?

次は「vol.19 DAY4 PM ザ・ロックフィッシュ!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました