チェキで撮ろう! インスタントフィルムの魅力

みなさんこんにちは、ゆすらです。

今日は、instaxについて紹介しようかなと。。。

インスタントフィルムというのは、私が知る限りポラロイド社と富士フィルム社から出ていて、今回は富士フィルムの方を紹介します。

歴代チェキの歩み

撮ったその場でプリントが楽しめるインスタントカメラ「instax<チェキ>」の20年間の歴史を紹介します。

https://instax.jp/history/

FUJIFILMのHPには、とってもわかりやすく歴代チェキが紹介されているのでぜひご覧ください。

コストはどうなの

このまえ、無線で知り合ったTJTさんとカメラ屋さんに行ってM井さんとインスタントフィルムの値段を見ていました。M井さんが、「結構高いんだなあ」なんて言うから、わたしは「そんなことはない!」と強く主張しました。

まあ、どう言うことかって言うと

フィルムっていうのは、物によるけどASA400の24枚入り35mmフィルムが平均1,000円くらいだとして現像代が700円くらいでプリント代がL版1枚40円くらいだとしたら、2,660円くらい。

L版と同じくらいのサイズのチェキWIDEは、50枚で6500円くらいだとして、24枚分は3120円です。

500円の差は大きいという人もいれば、そんなに高くないんだと認識する人もいるでしょう。一度現像して、同時プリントをせずに、プリント代をケチったとしても、結局は、またプリントをして、別のフィルムも同時に現像して、とラボに通うことになれば、ガソリン代金が500円くらい行くだろう。そう考えると、コスト面にそんなに差はないと考えられます。

通常サイズのチェキとWIDE

WIDEは、通常のカードサイズのチェキの2倍あります。だから、L版のような感覚で撮影できます。ランドスケイプに向いた風景や、「風景+人物」にも向いています。通常のチェキは、ポートレートがぴったりですね。

多重露光を楽しめるinstax mini 90ネオクラシック

右側・・・まずは多重露光モードにして、先に、花畑を撮りました。そのあと、青空に手を当てて撮影です。

左側・・・お花畑を撮って、位置をずらしてまたお花畑の違う箇所にレンズをずらして撮影。

すっごく簡単ですが、コントロールしようとすると、ちょっとテクニックが必要です。

右側の写真は、親指が切れているよね。これは、レンズの位置とファインダーの位置がずれているからでうまくできなかった。まあ、初めて使った当時にしては上出来さ。(言い訳)

値段はチープじゃないがチープなカメラほど、うまく撮ろうとすると奥が深いもの。だから楽しくなる。

手軽に撮って、その場で同時プリントができる優れもの!

何より魅力的なのは、デジタルカメラとは違ってその場でプリントアウトできることです。だから、撮ってすぐ友達にプレゼントしたり、手帳に貼ったりお財布に入れたりできるよ。それにフィルムコーティングされているから、ポスターカラーやマッキーで絵を描くこともできるの。

フィルム現像がリアルタイムで見れる!

チェキフィルムの縁には薬品が入っています。

シャッターを切ると、ウィーンと音がしながらフィルム写真が出て来ます。最初は真っ白く、じーっとみつめているとじわじわと色を変えて写真が出来上がって行くのです。

2014年の時のこと。恩師が大学を退職されるときに、その先生をお祝いしたい卒業生たちで集まり、卒業生の顔写真を一人一人撮影して、名前やメッセージを書き、寄せ書きの代わりにチェキのアルバムをプレゼントしました。

その撮影担当になったのですが、じわじわとフィルムに写真が浮き出るように変化して行くのを見ていた当時25歳の卒業生が「え、なんですか、これ、すごいですね。初めて見ました」と感激していました。

25歳だと、スマホ世代でしょう。チェキなんて見たことがないというのです。また、当時28歳くらいの男性も、「これがチェキかあ、実際に見るのは初めてなんですよね。」と言っていた。男子はチェキで遊ばないんだな。

それに、まあ、お金もかかるしね。

チェキは、女子の方が圧倒的にユーザーが多いよね。女子5人のうちの1人くらいはチェキを持っていたり使ったことがあるんじゃないかな。(憶測)

結婚式の定番だしね。日記に貼り付けたり、料理を撮影したり、靴箱に貼ったりするのが流行ったね。

たしか、大学の茶道部も、茶道具の箱にチェキで撮影した写真に道具の名前を書いて貼っていた記憶。記録にチェキを使うって斬新だよね。コストかかるけど、手軽でいいよね。現像に出しに行かなくて良いんだし。靴写真を撮って、靴箱に貼るというのが女性月刊誌で紹介されたことで流行ったんだと思います。

私は、一枚一枚を大切に撮ろうという気持ちを呼び覚ますために、たまにチェキを使っているのですが、実際私の頭の中ではこうなっています。

「チェキで撮る」→「100円使った」→「100円無駄になった」または「まあまあ100円の価値はある」といった感じですね。

でもね、ゲームセンターとはまた違った面白さがあるよ。

FUJIFILMだけじゃない、ライカもLomoも

チェキフィルムinstax mini使用可能のカメラって、実はFUJIFILM以外にもたくさんあるんですよ。

以下、FUJIFILM以外のカメラを紹介します。

チェキ instax miniが使用できるカメラ

1) Leica ゾフォート・・・絶対に他の人と被りたくない。オシャレにこだわりたい人向け。とにかくライカだから。ネオクラシックのOEMみたいな感じはするけど、写りには違いがあるようなのでやはり別物ですよ。そのうち欲しい。

2) Lomo Instant Automat & Lenses・・・付属レンズを使いこなすと多重露光が楽しいですね。バルブは最大30秒、FUJIFILMで唯一マニュアル的操作ができるネオクラシックはバルブが8秒。ペンライトで文字を書きたい人にはロモがオススメ。レンズがマルチコートガラスの機種は「マゼラン」

3) タカラトミー インスタントトイカメラ Pixtoss (ピックトス)・・・多重露光メインで使う人向け。実は、FUJIFILMのチェキとロモは多重露光とかMXはシャッター2回までなんだよね。これは、何回でもシャッター押せるらしいよ。実際に使ってないけど説明にはそう書いてある。ただ、4回もやったら真っ白になるよ気をつけてね。

4) Escura Instant 60s《エスクーラ 手動式 アナログ インスタントカメラ》・・・写真をプリントするときも、手で回す手動式らしい。バルブ機能はあると書いてあるが、なん秒までかのうかは書かれていない。完全手動って書いてあるから、限りなくバルブできるのか?だったら星景写真も夢じゃない?

5) JollylookレトロInstaxミニヴィンテージルック折りたたみボール紙インスタントカメラ・・・段ボールでできている蛇腹のカメラ。スペックについて書かれていないが、圧倒的に見た目がブローニー

6) タカラトミー プリントス・・・4000円程度で買える!プリンターのように使える面白いタイプのカメラです。手巻きでフィルムを出します。もともと、スマホで撮影したスマホの画面をチェキでプリントするという目的のために作られたものです。だから、スマホを置くところに、小さな小物とか植物なんかを置けばそれが撮れるってことです。ここで考えたいのは、接写ですね。10センチほどの接写で無限遠を出しているということやろか。だったらすごいな。おもちゃとしては、なかなか面白いですね。実際に使ってみないとなんとも言えないけどね。

っていうか、こんなにたくさんあるの?って思いません?こんなにたくさんあるから、需要もあるんですよ。マレーシアでは、とっても人気でしたよ。

2014年、マレーシアへ撮影があり、滞在先のホテルでのコタキナバル科学専門学校の生徒さん達の卒業式があったので、お祝いにチェキで撮影させてもらい名前を書いてもらいました。日本に帰ったらインターネットで画像を送るからと約束してアップロードしたものです。

PKK EAST MEET WEST

チェキワイド instax wideが使用できるカメラ

WPC・・・わくわくピクニック倶楽部 って勝手につけた。単なるお花見だ。

リモートシャッターで、ミニ集合写真!

Lomo’Instant Wide Camera・・・普通にスナップを撮影する感覚で撮影できるのが良い。レンズキャップの蓋が、リモコンシャッターになっているから、ちょっとした集合写真が撮れます。付属レンズを使えば、広角からクローズアップ、焦点距離90mm(35mm換算で35mmの焦点距離)でポートレートも楽しめます。旅のおともにするには、フィルムカメラよりもでっかくて時々邪魔と思うこともあるけれど、FUJIFILMのinstax Wide 200よも圧倒的にデザインがオシャレだよ。機能も充実、MXできるし、なによりワイドだからL版サイズの写真とほとんど変わらないので存在感があって見応えも増すよ。

チェキスクエア instax square

ポラロイド社よりも、一回り小さくWideよりも小さいよ。もちろん。通常サイズminiより1.3倍くらい大きい。

縦の長さはみんな一緒。

Lomo’Instant Square Glass・・・ロモインスタントワイドと同じく、リモコンシャッター付き。何と言っても、コンパクトになって中判フィルムのようなデザインがかっこいいです。レトロなのに現代的な感じがとってもオシャレ。今までにはなかったセルフタイマー機能が唯一ついている。それにレンズがガラス

WAGASA BIYORI

2012年からLacofilmsがテーマにしている和傘日和のチェキバージョン。

左がワイド、右がスクエア。和傘ぶっ壊れてしまったので、柄が変わったねw

フィルムの質感良いよね。

チェキでトランプ作ろうかな。今度作る。

まあ、そんなわけで、まだ使ったことがない方は、ぜひチェキを使ってみてはいかがでしょう?レンタルもあるよー。

コメント