【2019北海道釣りの旅】 vol.24 利尻島上陸

2019-05-29 利尻島上陸

さて、稚内から利尻島へ到着しました。

この写真は、フェリーを降りてすぐ目の前です。

まず、ここで釣れるのかどうか、キャストしてみます。

2017年、伊達漁港に似た感じの藻があって、大きな昆布が見える。

利尻昆布だ。

ウニがいっぱいいる。

ウニ。。。昆布の上に乗って、ゆっくり移動している。なんか優雅だ。

でも、ウニは取ったらダメだよ、密漁です。

ガヤかな。利尻のがやって、クロキンなんだね!

勝手な想像だけど、伊達漁港のガヤは赤っぽかった。利尻のガヤは、もしかして昆布でクロキンカラーなの?

何にしても美味しそう。晩御飯用にとっておこう。小さいから数匹釣りたい。

釣りをしていたら、外車に乗ったお兄さんが声をかけて来た。

「何つってんの。」

「食べられるお魚です。」

「あー、なるほどね。どっからきたの。」

と、会話をしていると、そのお兄さんは漁師だった。

漁師さんは、今朝の海の様子を教えてくれて、ホッケ釣るならあっち側。と、色々なことを教えてくれた。

「漁師さん、この魚はなんですか?」

「あー、残念だったな。それタイガーマスクだべや。いわゆる雑魚だな。骨多いしやめときな。もっとうまい魚いるから。」ということで、やむなくリリース。

知らない魚だった。見た目はカッコ良かったけど。さようなら、タイガーマスク。

ガヤの煮付けをしていると、その若い漁師さんが「袋ある?」って

「袋、あ、漬物用の袋ありますよ、どうぞ」ってあげたら、車に乗ってどっかに行っちゃった。

そして、またしばらくしてから戻ってきて、さっきあげた袋の中につぶ貝がいっぱい。

「え?」

「食べるべ?」

「え、いや、大好きですけど。い、いいんですか?」

「いいよ、食え食え」って、くれました。。。

そして、「つぶ貝、煮つけるのに砂糖とか醤油あるか?」って聞いて来たので、

「あ、まだなんです、利尻昆布の醤油とか買おうと思ってて」

「あーーーー、すぐそこに売ってるけどな。もうしまってるな。」

もう18時を過ぎているから。

わたしは、つぶ貝を下ゆでしました。ぬめりと汚れをとるためです。

「ちょっと待ってな」そういって、漁師さんはまた車でどこかに行きました。

砂糖と醤油をわざわざ自宅から持って来てくれたのでした。

港からすぐ近くなんだと言って、とって来てくれたけど、こんなに親切にしてもらってなんだか悪いです。

すごくありがたかったです。

そして、砂糖は「てんさい糖でねえばだめよ。普通の砂糖でねくて。」

そういって、茶色いお砂糖をかしてくれた。

下ゆでが終わって、お湯を変えてつぶ貝を入れました。

「ちょうどいいタイミング」で、お砂糖と醤油を持って来てくれました。鍋に入れて、砂糖と醤油を返しました。

あわてて何かお返しを探していたら、「金ちゃんヌードル しお味」があったので、二個あげました。「お礼なんて、そんなのいらない」って言うんだけど、「北海道には売ってないラーメンだから、こんなのしかお返しできませんけど。」といって、もらってもらった。

明日は、醤油とてんさい糖を買いに行こう。

「ホクレン てんさい糖」 てんさい糖の魅力や使い方などをご紹介します。
「ホクレン てんさい糖」 てんさい糖の魅力や使い方などをご紹介します。

夜ご飯ができました。実は、このウニも、漁師さんがちょこっとだけくれたんです。

ウニ丼、ガヤの煮付け、つぶ貝。なんか、北海道って感じの夕食です。

雨が降って来たので早く食べなきゃ。

おやすみなさい。

コメント