【北海道釣りの旅】 その8 大岸漁港2017-06-27

みなさんこんにちは、初心者アングラーです。

大岸漁港といえば、あぶらこ。でも、あぶらこは北海道の通り名っぽいです。図鑑によると、アイナメというそうだ。

前回と同じ装備で、完全にあぶらこだけを狙いにきました。

前回こんな大きな魚釣ったよ、あぶらこっていう、と家族に話したところ

「なんで持って帰ってこないの、もったいない」などと母や父に言われたので再度行くことにしました。本当にすごいでっかい魚だったもんねえ。

大岸漁港の干潮をねらっていくと、だんだん陸が出てきます。

太平洋は潮の満ち引きが数メートルも変わります。日本海とは大きく違います。

 

はい、きた!初心者でこのフッキングは100点でしょうか。(自画自賛)

あああー美味しそう。「お父さん、おかあさん、やった、やったよ!」

 

この個体も、なんか顔が黄色いですよね。内臓をさっさととってカモメにあげる。

刺身で食べたいから、どうしても。

三匹目きたあーーー、これ、模様が違うような気がします。模様が。なに?メスとか?この日は、上から、下の様子が見えたんです。

二匹で、岩の下を守っている感じでしたね。

ツガイでしょうか。

はやく帰りたい、刺身を食べたいですから。

そうしたら、帰り道にこぎつねがいましたよ。めっちゃかわいいですね、座り込んでる。

コメント